ブライドルレザーの財布は一生ものの価値がある

ブライドルレザーはイギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めています。表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれています。これがブライドルレザーの証です。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。 耐久性も申し分なく素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がる為には、日本の熟練職人の技術が必要不可欠と言われています。完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかります。まさに職人が生み出す、極上レザーです。一生ものとして、毎日使う財布や、カバンとして身に付けると良いでしょう。購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。また、ブライドルレザーは、水には弱い特性があるため、鞄などは雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要がありますし、濡れないように気を付けることも長持ちさせるこつです。

ブライドルレザーの財布は使い込むほどに味が出ます

ブライドルレザーの財布というのは成牛の皮を天然の植物エキスで長時間なめして蝋をしみこませた皮革で、元々は英国貴族の馬具用に作られた皮革ですので、大変丈夫に作られています。よくこの製品を見ると表面に白い粉のようなものが付いているのを見かけるかも知れませんが、これこそが内部に浸透した蝋が浮き出てきている状態です。これをブルームと言いますが、ブライドルレザーの財布やバッグを使い込んでいくうちに、このブルームが馴染んできて、美しい光沢へと変化していきます。この製品を作るのにはかなりの作業工程も多く、長い時間を費やします。販売されている多くの皮革製品を目にしても、他の皮革製品より値段が高いというのも頷けるかも知れません。いろいろな皮革製品が販売されていますが、ブライドルレザーの財布やバッグを購入して後悔することはないでしょう。

ブライドルレザーで作られた財布の基礎知識

昔は英国の貴族の乗馬用具において、活用されていたブライドルレザーは、強靭性と重厚感が充実しているグレード感が醍醐味です。ブライドルレザーによって仕立てた財布は、要領を得たメンテを実施していれば数十年活用することができ、長期にわたる貴重なパートナーとなると言えます。レザーの財布となりますと外国ブランドが人気、或いは認知度ともに非常に高く、ステータスシンボルの形でのステータスを確立していますが、最近では日本国産ブランドもかなり品質的にすぐれた生産品を作り上げており日本国内の革職人がしっかり作る財布は外国ブランド品より評価が高いものも見受けられます。ひとくちにブライドルレザー仕立てと言ってもそのバリエーションは非常に広く、ご自身のイメージにフィットするアイテムを選択するのもたのしみ方のひとつです。

貴重なスモールクロコを、職人の手で作り上げました。 究極のこだわりのシステムにより完成したメンズ革製品をあなたの手に。 GANZO(ガンゾ)は、ベルトのバックルも製造しております。 GANZO(ガンゾ)で取り扱っているヌメ製品はほどよい風味をあじわっていただけます。 タンニンなめしを施しただけの革を使っているので長年愛用できます。 本物を追求したメンズ革製品をお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 格好いいブライドルレザー財布が人気